社員インタビュー

当社を志望した理由を教えてください。

学生時代には基礎化学という、根本的かつ比較的様々な分野に応用の利く学問を専攻していたこともあり、選択肢を限定することなく、“理系”という括りで幅広く業種・業界を調べていました。それこそIT関連企業のSEから、合成やフィルムを扱う化学メーカーの研究職までを視野に入れて就職活動を進めていきました。

大学3年生の時から始まった就活セミナーに出席している時に、はじめて前澤化成工業という会社を知ることに。人事の担当者から話を聞いてみると、自分の知らないところで社会の礎になっている部分と、一年目の社員に対する研修制度が充実している点に興味を持ち、この会社に応募をしてみようと思ったのです。

入社から現在までの仕事内容を教えてください。

入社後は研修期間ということで、1年と1ヶ月間ほどかけて、技術部門、開発部門、品質保証部門、製造部門で研修となり、当社の製品ができあがるまでの流れと、各部署に所属する社員との人間関係を構築してきました。

現在は技術部門に所属し、射出成形と金型を軸とした生産活動の合理化を検討。新しい金型や射出成形機関連部品の設計、試作、製品の量産への引き継ぎから、日々の不具合修正まで幅広く担当しています。

金型は、製品の品質や生産効率に大きく影響を与える重要なアイテムであるため、常に改善が要求されるものです。「より安定して生産でき、より長く使える金型を作らなければいけない」という考え方が、当社の中で脈々と受け継がれています。我々技術者は、その使命と責任、そしてその思いが当社製品の信頼性を下支えしているのだという意識を持ちながら金型設計を進めているのです。

当社を志望する学生へのアドバイスをお願いします。

私自身が後悔しているわけではないのですが、就職活動時にはもっと、自分の研究のすそ野を広げ、いったいどのような業界に繋がるのか?という視点で企業研究を深めていれば、さらに就職活動が興味深いものとなっていたような気がします。「就職活動を楽しむ」というのは語弊があるかもしれませんが、実りあるものにするために、皆さんもぜひ実践していただければと思います。

また、自分の核となる部分を見つけることも大切だと思います。例えば“物理が得意”などアカデミックなものでもいいし、“お酒が強い”とか“コミュニケーション力がある”というものでもいいと思うのです。何か自分の自信につながるものがあれば、そこを強くアピールする。結局、専門的な知識は入社してから学ぶことの方が多いので、学生の時点では得意なことを極めていけるという姿勢や力を示すことができれば良いと思います。

戻る