社員インタビュー

当社を志望した理由を教えてください。

広く言うところの“化学”を専攻していたので、その知識が生かせる仕事を求めていました。そんな中、前澤化成工業の“化成”という言葉が目について説明会と工場見学会に参加。そこで当社が水に関わっている会社であり、我々が生きていくうえで必要な生活に欠かせない産業であること、そして普段は目に触れることのない製品群を通し、縁の下の力持ちではないですが、見えないところで社会を支えている点に魅力を感じていました。

さらに見学会に参加した際、全社的に環境活動に対して敏感である点、そこで働く社員の礼節がしっかりしていることからも、社風の良さを感じとることができました。やはり研究職にとっては会社の雰囲気や、周囲の社員との人間関係は重要な要素。この会社であれば研究に没頭ができると感じて入社を決意しました。

入社から現在までの仕事内容を教えてください。

様々な材料の配合を決定する仕事です。塩ビパイプ・継手の他、水廻り関連の樹脂製品の原料配合は、既に確立されているように思えるかもしれませんが、実はそれぞれの製品用途に応じ、成形性や物性、耐候性、色などについて要求されるスペックが変化。都度、細かな調整が必要になってくるものです。昨今は、特に住宅のデザインなどが大きく変化しており、それに応じて新たなカラーリングの製品の開発が求められます。

また、どうしても製造段階で不良品が発生してしまうのですが、配合を変えることでそれを削減しようという社内要求に応えていくケースもあります。材料の組み合わせは無限大にあるわけですから、経験豊富な先輩方の助言を受けながら、ある程度の方針を決めて取り組んでいます。

今後は新たな事業の柱となるような製品を作りたいと考えており、普段から問題発見能力を高めるよう、意識しながら研究に取り組んでいます。

当社を志望する学生へのアドバイスをお願いします。

就職活動中にはどうしても時間が限られてしまうので、焦ってしまうとは思うのですが、できる限り実際に企業に足を運んで、そこで働く先輩たちの話を聞くような機会を設けた方が良いと思います。書籍やインターネット上の情報では得ることができない社風を直に感じとることができます。

学生時代に行ってきた研究内容が、そのまま将来の仕事に直結する人はむしろ少ないと思いますが、その研究を通じて培ってきた分析力や洞察力、論理的思考力といった基礎的な要素は、研究ジャンルに関係なく活かすことができる部分だと思っています。そのような視点で、業種を見渡してみれば、選択肢はぐっと広がるはずですし、自らの新たな可能性に気が付くこともあるはずです。

戻る