社員インタビュー

当社を志望した理由を教えてください。

父親が設計の仕事をしていた関係上、子どもの頃から建物を見学する機会が多かったせいか、住宅関連の仕事に興味を抱いていました。性格的にも、どちらかといえば派手な業種と言うよりは、むしろ縁の下の力持ちのような存在で、なおかつ手堅い企業への就職を志望していました。

前澤化成工業を知ったのは、就職情報サイトで、「住宅関連」と「営業職」というキーワードで検索した結果から。企業情報を読んだときに私が抱いていた就職観に合うような気がしたのですが、実際に企業を訪問した時には、さらにその思いが強まることとなりました。

私が訪問した他の多くの企業と比べ、人事担当者が真摯な態度で対応をしてくれる。その誠実な姿を見て、入社後、このように誠実で信頼できる人たちに囲まれて、自分が仕事をするイメージを持つことができました。

入社から現在までの仕事内容を教えてください。

前澤化成工業の主力商品である配管材料を取り扱う販売店や、実際に現場で使用する工事会社、および公共事業を推進する官公庁へ訪問し、PR活動を行っています。実際にご購入をいただくのは販売店なのですが、工事会社の方々に当社の商品の優位点をご理解いただくことで、そこから販売店へ注文を入れていただくよう働きかけます。

社歴が浅く、まだまだわからないことが多くありますが、すぐに調査や確認をして迅速にお客様にお応えするなど、とにかく自分ができることを必死になってやるということを心掛けています。そこからお客様との良好な人間関係が生まれ、受注に繋がって行くと考えています。お客様からの信頼が数字に表れていく、そんな風にやりがいが実感しやすい仕事だと感じています。

当社を志望する学生へのアドバイスをお願いします。

私は、自分が営業職に向いていると考え、当社を志望したので、入社後も、迷いなく仕事に取り組むことができています。その思いを貫きながら、ひとつひとつの業務に真剣に取り組んでいけば、間違いなく実績もあがっていきます。そして、それが自信となって、さらに頑張っていこうと考えるようになる、そんな良い循環ができあがってくると考えています。

もちろん、学生さんの中には、明確に「こういうことがやりたい」「こういうことが向いている」という基準を持つことができないまま就職活動を進め、そのまま企業に入社を果たしてしまう人がいるかもしれません。その場合、続けていくことで、その職業の楽しさややりがいが見つかってくると思います。とにかく、途中で投げ出すことは、良い結果を生まないと思うのです。

戻る