グリーストラップの維持管理について

グリーストラップで除去された油脂、および汚泥は、産業廃棄物として処理してください
または地方自治体の指示に従ってください。
清掃を怠るとトラップ内や汚水管に油脂が付着し、管内を詰まらせる原因になります。

ポイント01
バスケットの清掃は1日1回が原則
バスケット内には、多量のごみやカスが溜まります。状況にもよりますが、バスケットを毎日掃除してください。
ポイント02
グリースの清掃は週1度
グリースの除去は少なくとも1週間に1度は、ストレーナー等ですくい上げ処理してください。
ポイント03
槽底部の沈殿物の清掃は月1度毎に
槽底部に溜まる沈殿物の清掃は、上部阻集油脂分の掃除期間の少なくとも、2~4倍(1ヶ月)の期間に行ってください。
ポイント04
回収した油脂分および汚泥の処理方法
処理方法は、各自治体によって異なっていますので、各担当課にお問い合わせの上、適切な処理を行ってください。庭土等に埋めて植木の肥料とするのも一つの良い方法です。
ポイント05
トラップ管に強い衝撃は禁物です
本体内のトラップ管は丈夫な塩ビ製ですが、強烈な衝撃を与えますと破損するおそれがありますので、特にご注意ください。
ポイント06
トラップ管のキャップは外さないでください
トラップ管に付いているキャップは臭気止めです。清掃時以外は絶対に取り外さないでください。