グリーストラップの施工のポイント

  • 施工場所は蓋の開閉および、内部の点検、掃除が容易にできる位置に設置してください。
  • 流入方式(パイプ式、側溝式)および設置方式(土間埋設式、床吊式)に適合しているタイプか、
    ご確認ください。
  • 床吊式をご使用になる場合は、防火、耐火上の関連がありますので、最寄りの消防署、
    または官公庁の建設指導課に事前にご相談ください。
  • 槽の上部には過荷重をかけないでください。
  • 車の通過、および駐車場に設置する場合は、事前にご相談ください。
    (別途、耐強度のため、耐荷重蓋および特殊施工が必要です。)
  • 通気管は必要に応じ、配管してください。
  • 施槽上部空間には、腐敗ガスや悪臭が発生しますので、槽の両サイドに付設している接続口より
    配管しやすい側を使用して屋外に出し、通風の良い場所に立ち上げて、先端には付属の
    ベントキャップを接着してください。
  • 管底距離が不足の場合は、別途品「かさ上げ」を使用してください。 
  • 施工後は清水を張り、スムースに水が流れる事を確認してください。