排水設備<施工編>

ビニマスの施工ビニマスの施工ポイントビニマスの設置箇所防護蓋の施工防護蓋の施工ポイント排水管路の施工

インバートマスの施工手順 M-90Y施工例 

全て    

1位置決め・掘削・基礎
芯出しを行ってマスの設置位置を決めます。掘削幅は100mm主管の場合は400mm程度が標準です。砂基礎を50mm築造し、底面は十分に突き固めます。軟弱地盤の場合は砕石または、栗石を敷いてください。
2設置スペースの確認
マスの設置に必要なスペースは、基礎外面部からマスの外側までM-90Y(90度合流マス)の場合471mmです。マス内に2/100の勾配が付いているので、マス本体上部を水平に設置すれば、適切な排水勾配が確保できます。但し、左右兼用マスは勾配が付いていないので、必ず適性勾配を設けてください。
3排水枝管の切断
塩ビ管の全周にケガキ線を入れ、シャーパー、鋸等を用い、ケガキ線に沿って切断します。
4面取り
管端部に付着しているバリを、シャーパーの背等を使って取り除きます。管端部の角を落として面取りも行います。
5標線記入
排水管に差し込みしろの目安になるように、標線を入れます。マスの差込みしろは50mmなので、60mmの位置に記入します。
6接着剤の塗布
接着剤を排水管外面と、マス受口の内面の両方に塗布し、素早く接合します。
7マスと排水枝管の接合
スコップ等を使って、排水枝管をマス受口部のストッパーまで挿入します。この時叩き込みはしないでください。抜け戻りを防止するため、挿入後10~30秒間保持してください。
8排水主管の接合
排水主管とマスのねじれを防ぐために、マス受口部の合マークを排水管の印刷位置と合わせて、接合します。
9立上り管の接合
立上り管は、GLまでの長さよりも少し長めに切断し、水平器を使って垂直に接合します。立上り管の余長は埋め戻し後に調整します。
10埋め戻し
良質土を用いた埋め戻し前に、排水試験を行い、流れの確認を行います。その後、マス内部に土が侵入することを防止するため、蓋を仮設置し、よく突き固めながら埋め戻します。
11蓋の接着
蓋上面とGL面が同じ高さになるように、立上り管を切断して、高さ調整します。蓋と立上り管に接着剤を塗布して接合します。蓋を接合したら、蓋面まで埋め戻します。蓋の保護用ビニルカバーは、工事が完了するまで、取り外さないでください。
12施工後の確認事項
マス内部に土砂が落ちていないことを確認します。スケール等で管底寸法を測定し、適切な勾配が確保されているか確認します。

CA接合マスの施工方法 MA-90Y施工例 

全て    

1掘削
マスを増設する位置付近を深く掘削し、施工環境を整えます。
2位置決め
排水枝管との接続を考慮して、マスを設置する位置を決めます。
3切断位置にケガキ線を入れる
マス側面に記載されている切断寸法を確認し、排水主管の切断位置を計り、管の全周にケガキ線を入れます。
4排水枝管の切断
シャーパー・鋸等を用いて、ケガキ線に沿って切断します。
5バリ取り
管端部に付着しているバリを、シャーパーの背等を使って取り除きます。
6マスの仮設置
マスを仮設置し、受口ストッパーまで排水管が挿入されるかを確認します。マスを設置するには、マスを排水主管の下からあてがいます。
7マスと排水主管の接合
マスの受口、割カラーの内壁および、排水主管の外周に接着剤を均一に塗布し、素早く接合します。
8割カラーの装着(主管)
プラスチックハンマー等を用いて、割カラーをマス本体のストッパーまで確実にはめ込みます。
9排水枝管の位置決め
マスと排水枝管の距離を計り、排水枝管を組み立てます。
10排水枝管の接着
マスの枝管受口部内壁および、排水枝管の外周に、接着剤を均一に塗布し、素早く接合します。
11割カラーの装着(枝管)
枝管の接合時、ハンマーを振るスペースがない狭い場所では、割カラーの端面ではなく中央部の突起を叩いてください。
12立上り管の接合
VUパイプを切断し、接着剤でマスに接合します。接合時に水平器を用いて、立上り管の水平・垂直を確認します。
13蓋の接着
蓋および、立上り管に、接着剤を塗布し接合します。

TOPに戻る