研究・開発

水処理のパイオニアとして蓄積されたノウハウと
革新的な研究体制で、より高度な排水処理システムを
開発しています。

これからの産業排水処理システムは「高濃度油脂含有処理化」「高度処理化」「汚泥減量化」「省エネルギー化」「再エネルギー化」等の課題があります。当社では、独自のノウハウと研究体制でこれらの課題に取り組んでおり、高度な水環境システム(排水処理システム)を開発。また地球環境保全に貢献する画期的な製品を開発し、数々の特許を取得しています。

マエザワの水環境システム

お客様のご要望を把握・分析し、
システムを研究開発。

お客様のご要望や、既設システムに対するお悩み等を的確に把握、分析することが、システムの研究開発の第一歩。例えば産業排水処理の分野では「汚泥の減量化」や「高濃度油脂含有処理化」がこれまで以上に求められています。当社では、画期的な独自技術の開発や、既存技術の最適な組み合わせにより、お客様ニーズにお応えするシステムを開発しています。また将来的な市場ニーズを予測し、システム開発のために必要な様々な新技術の研究開発を推進しています。

独自技術を開発し、
積極的に特許取得。

当社は水処理のパイオニアとして、排水処理に関する様々な新技術の開発に積極的に取り組んでいます。例えば「高濃度油脂処理方式」や「含油排水処理方法」等も当社が開発し、特許を取得したもので、「高濃度油脂処理」や「汚泥削減」のシステムに活用しています。

産学連携による共同研究。
 

産学連携による共同研究や、大学への研究員の派遣などを通じて研究・開発の視点や枠を広げると共に、社員の開発技術向上を積極的に支援し、人材の育成を図っています。