社員インタビュー

当社を志望した理由を教えてください。

大学では、線路に敷かれている砂利(バラスト)に関する研究を公共交通機関と共同で行っていました。都市部で使用していた砂利を地方で再利用することが目的でした。しかし、就活にあたっては業界を限定せず、幅広く会社を見て回ろうと思いました。前澤化成工業の存在を知ったのは学内の会社説明会でしたが、無借金経営を続けており、経営基盤が安定していることなど、さまざまな話を聞かせてもらいました。人事の方がとても丁寧に対応してくれて、好感を持ちました。また、自宅が深谷市ですので、職場までの距離が近かったことも理由のひとつです。地元に近く、愛着が持てました。

入社から現在までの仕事内容を教えてください。

入社1年目は、4月から12月までさまざまな部署で研修を受けました。1月からは品質保証部に配属となり、現在まで7年間ほど在籍しています。業務内容としては、試験業務を経て、現在は検査業務を手掛けています。

試験業務とは、工場や協力工場で生産する量産品や新製品の試作品等の試験に関わる評価を行う仕事です。具体的には水圧(水道の圧力に耐えられるか)や衝撃、引っ張り(材料が一定基準の引っ張りの強さに耐えられるか)などあらゆる観点から試験を実施し、社内規格をクリアしているかどうかを調べます。一方の検査業務とは、工場で生産した機材が社内の規格通りの外径や肉厚、全長で作られているかを検査する仕事です。いずれも、問題があれば原因を究明し、同じことが繰り返されないよう製造現場に伝えなければいけません。そのため、相手にどう伝えれば指摘が気持ちよく受け入れられるかを考え行動するようにしています。

当社を志望する学生へのアドバイスをお願いします。

何よりホウレンソウ(報告・連絡・相談)が基本であることをお伝えしたいと思います。「このくらいのことは大丈夫かな」という勝手な思い込みは禁物です。職場の雰囲気が非常に良く風通しのいい会社ですから、些細なことであっても積極的に上司や先輩に話すようにして下さい。特に入社したばかりの頃は、わからないことやできないことが多くて、上司に報告する度に怒られるかもしれません。しかし、同時に色々と教えてもらえるので、成長の糧になるはずです。また、日頃から上司とのコミュニケーションをマメに取っていると、普段の業務も円滑に進みます。やはり、仕事をする上で人間関係は大切です。

戻る