社員インタビュー

当社を志望した理由を教えてください。

ユーザーの声を製品づくりに生かす“商品企画”というカタチで“モノづくり”に携わっていきたいと考え、自動車や精密機械など特定の業種に絞らず、メーカー全般を志望していました。

就職活動中に知人から前澤化成工業を紹介され、よくよく調べてみるとこれまで自分が志望してきた企業の製品とは大きく違った魅力を覚えたものです。それは、気付かないところで非常に多くの人々が使っている社会影響度の大きな商品を扱っているという点。やはり、社会人になるからには自分の仕事を通じて、多くの人々の役に立ちたいという思いがあったのは確かです。社会貢献度の高い製品を、世の中のニーズやお客様の要望に合わせて提供し続ける、前澤化成工業の企業姿勢に強い興味を抱きました。

入社から現在までの仕事内容を教えてください。

官公庁、商社、販売店、工事店、ハウスメーカーなどを訪問しての営業活動に従事。受注につなげるための種まきにはじまり、しっかり刈り取って成果をあげるところまで、その一連の流れを自分の頭の中で組み立てて実行していく仕事です。

頻繁に客先を訪問し、エリア内における建設や公共事業の情報などを収集。設計会社や官公庁など、いわゆる上流側に働きかけて採用いただくことで、弊社製品のシェア拡大を図っていきます。また新規の販売店に対しても果敢にアタック。新製品情報やキャンペーンを活用して接触を図り、既にお付き合いのあるメーカーの次のポジションに身を置きながら受注のチャンスを狙っていきます。

自ら練った営業戦略が狙い通りに進んでいって目標の売上が確保できた時には大きな達成感を感じるものです。

当社を志望する学生へのアドバイスをお願いします。

学生さんに伝えたいのは、社会人になったら主体性を持って、何事もやってもらいたいということです。最初は上手くいかなくても仕方がないですし、上司や先輩方もフォローをしてくれます。自分であれをしたい、これをしたいと発信することなく受け身の仕事をしているだけでは通用しないとさえ思っています。

私は就職活動の時にある企業の説明会で聞いた言葉が今でも頭の中に残っています。それは「確かに会社員というのは会社の中の歯車のひとつでしかないかもしれない。しかし自分で動く歯車と動かされる歯車では大きな違いがある」というもの。特に前澤化成工業は、若手社員が「こうやりたい」と言うことに対して「No」という上司はいないし、むしろそれを成し遂げるためのアドバイスさえ惜しみなく与えてくれます。

こちらから発信することで、自分のやりたい方向に仕事を進めることができて、自分自身が仕事を楽しめるように持って行けるのも魅力のひとつだと思っています。

戻る