排水設備<施工編>

ビニマスの施工ビニマスの施工ポイントビニマスの設置箇所防護蓋の施工防護蓋の施工ポイント排水管路の施工

排水管の高さ調整をする場合

(1)VULを使用した場合
(雑排水のみ使用します)

※1.VU異径エルボを使用すると管径も変えることができます。
※2.90度片受エルボを使用するとさらに狭い所には便利です。
(2)VULLを使用した場合
(トイレ配管にはφ100を基本とします)
(3)VU45Lを使用した場合
(トイレ配管にはφ100を基本とします)
(4)Sソケットを使用した場合
(雑排水のみ使用します)

Sソケット:40・50・65・75・100・125・150・50×40・100×75
1/3Sソケット:75・100
※Sソケットには、異径もあり管径も変えることができます。

管径を変える場合

(1)マス受口に接続する場合
(a)偏芯ブッシングVUHBによる方法[省スペース配管]

※1.VU異径エルボを使用すると管径も変えることができます。
※2.90度片受エルボを使用するとさらに狭い所には便利です。

(b)マス異径継手OJによる方法
(2)パイプに接続する場合
(a)VU偏芯ソケットOJHによる方法

配管勾配と角度を変える場合

(1)MSジョイントMSJによる方法
[勾配4度まで変えられます]
(2)自在継手OJFP・OJFSによる方法
[勾配13度まで変えられます]
(3)特殊エルボによる方法

管種を変更する場合

VU→VP管に

ビニマスは「VUストッパー」となっています。マスにVP管を使用する場合は、VP変換ソケット(VPS)を使用します。

マスを増設する場合

(1)ヤリトリソケットMRJの使用方法
既設管路にインバートマスを増設する場合、ヤリトリソケットを使用すると地獄配管を防止できます。

(2)ベンリジョイントBJの使用方法
ベンリジョイントは「ヤリトリソケット」の全長をさらに短くし、狭い場所での配管作業を行いやすくした継手です。

接続手順
下流側の継手は最初、仮組みの状態とし固定しません。まず、A寸法を測定し、切管の長さを決めて切断し、切管をベンリジョイントの中に入れてセットします。接続はまず、上流受口に切管を接続します。次に、下流側継手の固定をした後に、ジョイントを下流側に動かし、下流側の受口に接着します。

通気口(ベントキャップ)の設置

通気口は、排水管路の最上部に近い位置に設置します。排水の一時的な流れによるトラップの封水防止や、管路内の排水の流れを円滑にする目的等で設置します。

管路の補修作業

[割カラー使用方法]

  • 排水管をツルハシ等で損傷した場合、損傷部が進行しない処置(損傷部両端にドリルで穴をあける)をした後、割カラー工法により補修します。割カラーの接合に用いる接合剤は、専用接合剤または、樹脂系接着剤(エポキシ系)を使用してください。
  • 割カラー凹面および、破損管の外面(カラー接合部)に専用接合剤を塗布し、焼きなまし鉄線で十分に圧着してください。
  • 接着剤は、支管取付用の液状エポキシ系接合剤を使用してください。


TOPに戻る