沿革

当社は1954年の設立以来、生活に不可欠な水分野に特化した「水のマエザワ」として、「人々をゆたかにする心と技術をはぐくみ、社会のために幸せを創造する」という経営理念のもと、水環境の整備・向上に寄与する多彩な製品の開発・製造・販売に取り組んでまいりました。

1937年〜

1937年7月 昭和製作所として創業
1954年12月
  • 「前澤バルブ工業株式会社(現 前澤工業株式会社)」
    樹脂部門が分離独立し、「硬質エンビ工業株式会社」設立
  • 埼玉県北足立郡戸田町(現 戸田市)に戸田工場を開設
  • KM継手が東京都認可第一号

KM式自動電気加熱接合機

塩ビ製継手第1号

戸田工場全景

1961年〜

1961年7月 「前澤化成工業株式会社」に社名変更
1964年9月 樹脂製量水器ボックス・止水栓ボックスを発表
1965年9月 水栓柱を発売
1969年11月 妻沼工場開設

量水器ボックス

止水栓ボックス

妻沼工場全景(現 熊谷第一工場)

1980年〜

1980年5月 マエザワVU継手を発売
1982年8月 インバート継手(現 ビニマスシステム)を発売
1993年4月 塩化ビニル製小型マンホール「ビニホールシステム」を発売
1993年9月 株式店頭市場へ上場
1999年3月 品質マネジメントシステム「ISO 9001」を認証取得

インバート継手の第1号COLT100

店頭公開記念のテレフォンカード

ISO9001登録証

2000年〜

2000年2月 東証二部上場
2001年1月 基礎貫通スリーブを発売
2001年3月 東証一部上場
2002年3月 妻沼第二工場完成
2002年7月 ビニヘッダーを発売
2002年10月 環境マネジメントシステム「ISO 14001」を認証取得
2005年9月
  • 妻沼第二工場二期増設工場完成
  • 戸田工場閉鎖
  • 新生「熊谷第一・第二工場」稼働開始
2008年1月 「共和成型株式会社(現 株式会社新潟成型)」を連結子会社化

東証一部上場

ビニヘッダー

妻沼第二工場(現 熊谷第二工場)

2010年〜

2011年5月 中国現地合弁会社「浙江前泽嘉盛排水材料有限公司」を設立
2013年2月 「株式会社新潟成型」を100%子会社化
2015年11月 熊谷第一工場 新棟建設工事完成 稼働開始
2016年6月 樹脂製単管式排水システム「ビニコア」を開発し、発売を開始
2018年2月 中国現地合弁会社「浙江前泽嘉盛排水材料有限公司」の持分を譲渡し、撤退

株式会社新潟成型

熊谷第一工場 新棟

ビニコア

ページの先頭へ