物理化学処理システム

凝集剤を用いた加圧浮上法や凝集処理法、オゾンや紫外線等物理化学処理を駆使して様々な排水ニーズに対応します。

物理化学処理システムのご紹介

加圧浮上装置

原水に凝集剤を添加しフロックを形成させます。
フロックに微細な気泡を含ませ、浮力を使って固液分離します。

凝集沈殿

原水に凝集剤を添加しフロックを形成させます。
凝集したフロックを緩やかに攪拌し、自重により固液分離します。

オゾン

オゾンによる強力な酸化力でCOD分解、脱色を行います。

紫外線

紫外線による殺菌を行います。
紫外線は照射するだけで殺菌が行えるため薬剤は不要です。

お問い合わせ

水処理システムに関するお問い合わせ、ご相談等を承ります。

ページの先頭へ